HOME
NEWS・イベント
利用案内
学会・研究会
技術情報
English
 
会員用グループウェアにリンク
 
 リンク
■会員企業 
株式会社神戸工業試験場
清水電設工業株式会社
株式会社住化分析センター
JNC石油化学株式会社
ダイキン工業株式会社
 タテホ化学工業株式会社
 他1社
 
兵庫県立大学
ニュースバル
 
兵庫県立大学
産学連携・研究推進機構
 
 
■SALLC所在地
〒678-1205 兵庫県赤穂郡上郡町光都1-1-2
SPring-8内ニュースバル放射光施設
■お勧めのアクセス手段
JR相生駅→神姫バス「SPring-8行き」に乗車し、終点「SPring-8」で下車→ニュースバルまで徒歩5分
 

※ウェブサイトのご利用には、以下のウェブブラウザ環境を推奨いたします。推奨以外のウェブブラウザをご利用の場合、表示が正しく行われない可能性があります。予めご了承ください。

Microsoft Internet Explorer 11.0以上

Mozilla Firefox、Google Chrome、Opera、Safariの最新版

シンクロトロンアナリシスLLCとは?
世界で唯一の放射光分析専門会社です!!

 シンクロトロンアナリシスLLC(Synchrotron Analysis Limited Liability Company、SALLC)は、大型放射光施設SPring-8内に所在する兵庫県立大学高度産業科学技術研究所ニュースバル放射光施設産業用分析ビームラインBL05を活用する世界で唯一の放射光分析専門会社です。大変強くて明るく、かつ利用範囲の広いX線が取り出せる放射光を駆使して、放射光でしか、SALLCでしか得ることができない化学状態分析サービスを皆様に提供します。

SALLCの主要な業務
受託分析
軟X線領域、すなわち50 - 4000eVの比較的低エネルギーの電磁波領域の放射光を用いるX線吸収微細構造分光(X-ray Absorption Fine Structure、XAFS)法による多種多様な物質の化学状態分析*に関する受託分析を行っています。
 *化学状態とは、例えば、物質に含まれている鉄が金属か、酸化物等の化合物か、あるいは鉄の化合物に含まれる鉄の価数が2価か3価か、ということを指します。このような化学状態は、物質の物理的・化学的性質に大きな影響を及ぼすため、その分析は物質の研究開発や品質管理の上で極めて重要です。放射光XAFS法は化学状態を迅速、かつ正確に調べられる数少ない方法の一つです。

BL05ユーザーが放射光測定を行う際の指導・支援
御自身で放射光測定を行って頂ける稀有な機会をSALLCが提供します。経験豊富な放射光技術者が測定についての指導と支援を致します。

分析に関するコンサルティング
放射光、XAFS法についての予備知識がない方にはこれらについて分かりやすく説明致します。測定条件、試料準備方法についての相談の他、放射光XAFSを適用すべきか、それ以外の分析方法を用いるべきか助言します。先ずはお気軽に御相談下さい!!

SALLCが用いるBL05の特長
高エネルギー分解能のXAFSスペクトルを取得可能
BL05は精密な化学状態分析を可能にする高エネルギー分解能のXAFSスペクトルを取得できるように設計されています。放射光測定の御経験がある方、ぜひ御所有のスペクトルとBL05で取得したスペクトルを比較してみて下さい。

水溶液などの液体試料の測定が可能
液体試料を袋詰めして封入することにより、放射光測定することができます。但し、元素によっては液体試料の測定ができないものがあります。この点については御相談下さい。


分析したい時に分析できる”タイムリーな”利用が可能
利用申込みを頂いてから諸々の手続き、測定、分析報告書提出に至るまで迅速に対応します。また、他の放射光施設に設定されている課題選抜審査はございません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BL05の利用申込み
SALLCが兵庫県立大学への利用申込み手続きやニュースバル放射光施設への一時立入り申請を代行します。

 

 
 

BL05を、長期あるいは長時間利用を予定される場合には、SALLCへご入会頂くと、利用料金や利用日程の優遇措置があります。皆様のご入会とBL05の利用をお待ちしています

 

XAFS測定が可能な元素
Li(リチウム)以上のほぼ全ての元素のXAFS測定が可能です。下の周期律表にBL05A、BL05Bの各々が測定できる元素のX線吸収端を示しています。

 

  

 

代表挨拶
■代表社員
株式会社
神戸工業試験場
職務執行者
鶴井 孝文
■会社創立:2008年9月

 
 
 
 産業界からニーズの多い産業用分析ビームラインの必要性を兵庫県に対して要請したニュースバル産業用ビームライン検討会、ニュースバル材料分析ビジネス協議会の活動を基に2008年6月に創設いたしました。より多くの企業の皆様が放射光施設ニュースバルを活用していただくための支援組織・受け皿組織としての役割を果たします。兵庫県立大学産業用分析ビームライン担当の高度産業科学技術研究所の諸先生はじめ放射光分光分析分野の著名な先生を技術アドバイザーとしてお迎えし、ご支援とご指導を頂き、産業界の皆様の放射光材料分析に対するご要望にお応えします。弊社は出資会社と賛助会社で構成されており、趣旨にご賛同の企業の皆様の参画をお待ちしております。
SALLCパンフレット


 

■測定可能な材料
リチウム電池、燃料電池、医療材料、生体適合材料、DLC薄膜、ナノカーボン、BCN基板、PDP誘電体、LowK材料、 軽金属合金、透明電極、環境物質、土壌、触媒ほか

Copyright (c) Since 2007, 兵庫県立大学 高度産業科学技術研究所, シンクロトロンアナリシスLLC 
All rights reserved